www.lamanchainfo.es

地図

ベルモンテ城は、クエンカ(Cuenca)地方の南東部、ラ・マンチャ地方の平原の見張り台、ベルモンテ(Belmonte)村に位置する。クエンカからは、かなり遠く、トレド地方との境界線からあまり遠くない。
国内の主要道路網の1つ、国道420号線と結ばれており、これはコルドバ(Córdoba)-タラゴナ(Tarragona)道と名付けられているが、この周辺ではクエンカ(Cuenca)-アルカサル・デ・サン・ファン(Alcázar de San Juan)道として知られている。
村落を通ると、サン・クリストバル(San Cristóbal)の丘に断続的に続く城壁が見られる。この村の北東に位置するこの丘に、ビリェナ(Villena)の侯爵、ファン・パチェコ(Juan Pacheco)氏が建設を命じたベルモンテ城がそびえる。ラ・マンチャ地方ということもあり、城は大きな岩山の上ではなく、松林、カシの林に囲まれた、村落からなだらかな丘陵を描く丘の上に位置している。
この城は難攻不落の城砦というものではなく、城の住人を楽しませるための美しい城と豪邸を合わせたような建物である。険しい自然の要害がない代わりに、侯爵は城を柵で取り囲み、村落まで長く延びた広い城壁で城を守った。

丘陵