www.lamanchainfo.es

サン・フランシスコ教会(Iglesia de San Francisco)

教会は、16世紀の最初の30年の間に造られ、サン・ファン(聖ヨハネ)の大修道院長であったトレドのディエゴ氏(Don Diego)によって建設が命じられたフランシスコ会(Franciscana)の旧修道院の一部として構成されていた。1532年、教皇クレメンス7世(Clemente VII)と皇帝カール5世(Carlos V)の時代にサン・フランシスコに奉納された。

サン・フランシスコ教会

旧修道院は4つの部分と3つの階、それと中央にある回廊で囲まれた中庭で構成されていた。1区画全部を占めていた。
この修道院には、アルカサル大学があり、哲学、神学そして、1619年には芸術と文法のクラスが増設された。

サン・フランシスコ教会

垂直に伸びた大規模な構造物は、ゴシック(gótico)様式の移行期に属し、赤らんだ砂の混じった切り石で造られた。

扉と壁がん

最初の扉は、プラテレスク(plateresco)様式の別の扉に置き換えられた。正面のサン・フランシスコの聖像をまつる壁がんが見事である。

内部

内部は、プラテレスク様式の柱頭のついた柱が丸天井を支えている。

ミサ

平日:11:30,19:00(冬),20:00(夏)
休日:11:30,13:00,19:00(冬),20:00(夏)

*ミサの前後に見学可能です。